池内ヨシカツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作曲家である叔父の影響で幼少期から音楽制作を始める。

 

Spinnin Recordsが主催する「Talent pool」にて

日本人として初めて2位にランクインを果たす。

 

第40回日本アカデミー賞で優秀作品賞を受賞した

映画「怒り」の劇中歌を担当。

京都観光大使やソフトバンクへの楽曲提供など

作曲家として幅広く活動を続けている。